親の選び方で決まる【キッズシューズ選びのポイント】

靴で叶える健やかな成長

子供

子供靴はサイズ選びが大切

子供にとっては、毎日が冒険です。とくに、外は興味が引くものが多いため、歩行を開始すると積極的に外出したがります。そこで、キッズシューズが大切な役割りを果たします。キッズシューズについて気を付けることは、ジャストサイズを選ぶことです。子供の足は、すぐに大きくなります。それゆえ、少し大きめの商品の購入が経済的と考えるケースもあります。しかし、大きくて履き心地が良くない靴は、膝や足が痛くなる原因になります。成長が著しい子供の身体は、非常にデリケートです。よって、足のサイズを正確に把握して、相応のキッズシューズを選択します。足長・足幅・足周は、店舗のスタッフに依頼すれば、計測が可能です。また、成長段階に応じた靴選びも大切です。歩き始めたばかりの子供は、足の裏全体を使って歩行します。この場合は、膝への負担を和らげるために、底が柔らかい靴が最適です。走り回るようになった子供には、軽量でゴム底の運動靴が適しています。動きやすくて丈夫なキッズシューズは、子供の行動範囲を拡大すると同時に、興味の幅も広げます。さらに、次第に自立心が高まるにつれて、靴の脱着を自分で行いたがるようになります。その際は、左右を見分けるマークがついている商品や、かかとに引っ張るタグが付いている商品を選びます。これらがあれば、靴に左右の区別があることを認識できるうえ、かかとを確実に靴の中に納められます。そして、自分で靴をはけたことが、生活自信につながっていきます。