親の選び方で決まる【キッズシューズ選びのポイント】

子供の成長に合わせて購入

靴

サイズを考慮することが大事

赤ちゃんや乳幼児などにおいてキッズシューズを購入する場合、どのようなものを選べばよいか迷うことが多くなる。子供では成長が速いため、キッズシューズを購入しても半年など短期間ではけなくなってしまうことが多々ある。特に2歳前後など、歩き始めのころの赤ちゃんでは特に成長が早く、足のサイズが数カ月単位で大きくなり直ぐにはけなくなる。その為、キッズシューズを選ぶ場合には少し大きめのサイズを購入することがポイントになる。但し、足に全く合わない大きさのシューズの場合には、靴ズレの原因となることやこけやすくなってしまう。その為、一定の範囲内で大きめのキッズシューズを選ぶことが必要になる。キッズシューズでは、安いものでは数百円程度から販売されているが、機能性が高いキッズシューズでは数千円から1万円程度するものも多くある。ブランドメーカー製のキッズシューズでは金額が高くなるが、その分足や身体への負担軽減が考慮されたキッズシューズも多い。また、人気メーカーのシューズなどではデザイン性が高く、壊れにくいことも特徴である。子供は激しく動き回るため、少し履いただけでも靴が破れてしまうなど多々ある。その為、壊れにくさを考慮する場合には、品質の良いものを選ぶと良い。また、汚れの落としやすさも重要である。子供では泥遊びなどにより、靴を汚すケースが多い。それらを洗う場合、汚れが落ちやすい素材のシューズでは靴洗いの負担を減らせる。