親の選び方で決まる【キッズシューズ選びのポイント】

靴

子供の成長に合わせて購入

キッズシューズでは、子供の成長が速いため直ぐにはけなくなる。その為、大きめのサイズを選ぶことがポイントになる。人気メーカーのシューズなどでは、数千円程度するものが中心になるが、足などへの負担軽減が考慮されているものが多い。

足

滑りにくい商品がおすすめ

赤ちゃんは生後数か月を経過すると、つかまり立ちをしたり、歩行ができるようになります。キッズシューズを選ぶ時は、底面が滑りにくく、転倒がしにくい商品がお勧めです。マジックテープの商品は、着脱がスムーズなので人気です。

靴

子供の足は成長が早いです

子供の成長は身長だけでなく、足もあっという間に大きくなります。季節が変わるごとに洋服を変えるのと同じ意識をもって、靴が足のサイズにあっているのかを確認してください。キッズシューズはデザインも多様なので、お子さんの意思も確認しながら買うとコミュニケーションも取りやすいです。

子供

靴で叶える健やかな成長

キッズシューズは、子供足のサイズを把握して、ちょうど良い大きさを選ぶように気を付けます。サイズの合わない靴は、足や膝の痛みの原因になります。また、子供の成長段階によって、適切な靴を選択することも大切です。

靴

ファーストシューズ選び

キッズシューズは、ハイカットのものが固定されて歩きやすいです。また、サイズ測定は、靴屋さんで行っています。サイズが大きすぎると足に負担がかかってしまうので、なるべくジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。

子供の靴選びについて

靴

サイズ選びが重要

歩き始めた子供が外に出るようになると必要になるのがキッズシューズです。子供が小さいうちは自分でキッズシューズを選べないため、親が中心になって選ばなければなりませんが、どんなキッズシューズを選んだら良いかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。キッズシューズ選びのポイントとして挙げられるのがサイズについてです。同じ年齢でも子供によって足のサイズが異なります。また、同じサイズのキッズシューズでも、太っている子供と痩せている子供では、足のフィット感が違って来ます。こうしたことから、ただ単に子供の年齢やサイズのみで選ぶのではなく、きちんと子供の足のサイズを測った上で選ぶことが重要です。子供は成長が早いため、子供の足に合ったキッズシューズを購入してもすぐにサイズが合わなくなることがあります。しかし、きついキッズシューズをそのまま履かせるのは子供の足に良くありません。また、すぐに大きくなるからといって、大きめのキッズシューズを履かせるのは、躓いたりすぐ脱げたりして危険です。キッズシューズの購入方法には、大きく分けて靴店で購入する方法と、靴の通販で購入する2つの方法があります。靴店なら実際に子供に試し履きをさせて、サイズが合うかどうか確認した上で購入出来ます。靴の通販なら自宅や外出先など好きな場所で時間を選ばずに購入可能です。さらに、品揃えが豊富で手頃な価格のキッズシューズが多いというメリットもあります。